季刊誌「シンガポール」

年4回発行している季刊誌です。
2012年度から「機関誌」から「季刊誌」へと呼び方が変更になりました。
季刊誌に関するお問い合わせは、協会の方へメール等でご連絡下さい。

過去の季刊誌内容

2002年度からの過去の機関誌の目次は下記のリンクからご覧頂けます。
それ以前の目次は、協会事務局へお問い合わせ下さい。

2015年度  2014年度  2013年度  2012年度  2011年度 
2010年度  2009年度  2008年度  2007年度  2006年度 
2005年度  2004年度  2003年度  2002年度 

最新号の案内


季刊誌 『シンガポール』 2015年夏号

目 次

ニュースフラッシュ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1

・協会のホームページをリニューアルしました
・「第45回定例総会」を開催:6月6日(土)
・「第12回シンガポール日本人学校OB&OG懇親会」を開催:6月20日(土)
・「アフタヌーン・ティー・サロン」を開催:7月7日(火)
・JCCI派遣留学生ジェニスさん理事会で帰国前報告:7月24日(金)


おめでとうございます!
「シンガポール植物園」シンガポール初の世界遺産登録なる・・・・・・・・・・・・4

 植物園の世界遺産登録は世界で3番目ですが熱帯地域の植物園としては初めて、しかも150年以上の歴史を持った植物園です。


在京6紙のシンガポールに関した枕詞
 ~リー・クアンユー元首相逝去関連報道・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5

 新聞各紙がシンガポールのことを過去から使い古された紋切り型で形容したが、それは正確に現情を反映した枕詞ではなく、遠い過去のステレオタイプをいまだに検証もなしに持ち込んでいることを指摘している。シンガポールに何らかの形で関わった我々も、事実を把握していないとそのまま受け売りしてしまうあやうさを持っているということで一度目を通していただきたい。


目を輝かすアジア・フィールドトリップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9

甲南大学 経営学部 教授
(一社) 日本シンガポール協会
会員 安積(あさか) 敏(とし)政(まさ)

 甲南大学経営学部安積ゼミでは3年生学生を引率してのアジアフィールド・トリップを行事の一つとして取り入れている。準備等にエネルギーのいる行事であるが、学生にとって社会、企業経営における異文化理解の重要性を学ぶ大事な機会であると考え毎年実施している。行き先はアジア諸国の一か国とアジアのハブであり多民族国家であるシンガポールという組み合わせで実施しており、現地の訪問先の企業の協力で学生が目を輝かせる刺激を頂いている有意義なフィールドトリップであることを紹介している。


「豊饒の海」のキーストーン
第16話(最終回)ラッフルズの登場・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・15

(一社) 日本シンガポール協会
 会員 矢(や)延(のぶ) 洋泰(ひろやす)

 オランダはアジアの制海権をイギリスに取って代わられるようになり、東インド会社がマラッカ、バダビア(ジャカルタ)を手に入れ、ラッフルズが現地責任者となった。 ラッフルズは日本貿易にも興味を示し、日本が外国に開いた唯一の港である長崎のオランダ商館をうまく活用しようと考えた。 フランスに併合されてオランダという国がなくなってしまった状況下で、あわよくばオランダ商館をイギリスの配下に置く目的をもって日本への航海を企てている。一方出島の長崎商館長ドゥーフはオランダという国がなくなったことを信用せず、拒否することでラッフルズの思いを遂げることができなかった。 当時ドゥーフが自国、あるいはジャワからの物資輸送が途絶え困窮していたが、国がなくなってしまった事実を何年も知らなかったことは、瞬時に情報が地球の裏側まで届く現代人にとって見ると興味深い話である。


戦後のホテルの成長推移と開発及び運営経験の中でのエピソード・・・・・・・・・21

オリックス不動産(株)宿泊事業 顧問
(一社)日本シンガポール協会 
理事 迫(さこ) 秀(しゅう)一郎(いちろう)

 東京オリンピックに始まるホテル開業ブーム以降の業界の動向を読みやすく解説している。ホテル業界で実業を行っていたから書ける裏方の話もちりばめられて、東京オリンピック以来50年のホテル業界の動向と2度目のオリンピックに向けての展望を気楽に眺められる読み物である。


私を磨いてくれたシンガポールの人々(その6)
~“なんでこうなったんや?“~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・29

(一社)日本シンガポール協会 
会員 田仲(たなか) 勇一郎(ゆういちろう)

 香港から、ヤクルトシンガポール社総支配人としてシンガポールへ。一旦帰国してヤクルト本社で研修を受け、チャンギ空港へ降り立つ。さて、これから新しい取り組みが始まるが、どんな苦労が待っているのだろうか。今回はシンガポール転勤が決まるまでの成り行きの紹介だが奮闘記は“その7”へと続く。


第45回定例総会の報告

最近の新聞報道から

新会員紹介

理事会だより

【おしらせ】投稿を募集します 

「リー・クアンユー元首相に関連する思い出、追悼エピソード、建国50周年に寄せて」

シンガポールの祝祭日:2015年 2016年

各地のシンガポール協会

ページのトップへ戻る