ご挨拶

  1971年の設立以来、当協会は多くの方々の支援によってシンガポール共和国との諸分野における交流を推進してまいりました。

1965年の建国以来、永続的に発展を遂げる都市国家シンガポールに馳せる思いを会員全員の共通項として、友好・協力を一層深める努力を継続しています。

当協会に脈々と受け継がれるボランティア・スピリットの発揮によって、幅広い活動を行っています。

詳しくは「目的と活動内容」をご覧ください。

当協会の活動や開催するイベントに参加いただくことで、会員の皆様に新しい発見や楽しさを体験いただけるよう常に工夫を重ねています。

シンガポールに関心をお持ちの方、ぜひ会員になってご一緒にシンガポールをより密接に感じてみませんか。

2011年4月から会長職をお引き受けしましたが、その際季刊誌に掲載しました「就任のご挨拶」の末尾の一節は、時が経過した今でも変わりない思いとして私の心にあります。

最後にその一節の骨子を次に転記させていただいてご挨拶といたします。

「役員及び会員の皆様の献身的なご努力によって発展してきました当協会を、次の世代へ間違いなく引き継げるように、かつ、会員の皆様に、より一層楽しんでいただけるように、私自身今なお緊張が続いていますが、尽くす覚悟でいます。そしてまた、今回、東日本大震災発生の翌3月12日に、5匹の救助犬を含む救援隊を最速で日本に派遣し、さらに大震災後に初めての観光団をどの国よりも早く組織して日本を訪れてくれたシンガポールに対し、その好意への感謝の気持ちを忘れずに同国との関係を一層深めるためのお手伝いをしたいと考えています」



一般社団法人 日本シンガポール協会
会長 鈴木貞男

ページのトップへ戻る